埼玉県精神保健福祉協会
ホーム お知らせ 協会について 協会事業のご案内 入会のご案内 協会会員・関係機関のご紹介

当協会について

 当協会は昭和40年に社団法人として発足し、初代会長は栗原浩埼玉県知事です。 現在の会長には埼玉医科大学名誉学長山内俊雄が就任しております。 平成25年4月公益社団法人埼玉県精神保健福祉協会となり、埼玉県内の精神保健福祉の保持・増進をはかるべく大きく飛躍をいたしました。

 当協会では埼玉県立精神保健福祉センターと協力して、普及啓発活動として講演会実施や出版物の作成、精神障害者スポーツの振興等、次のような事業を実施しています。
 年2回、精神保健福祉に関するタイムリーな話題を取り上げる講演会「こころの健康講座」を開催しております。実施が決まり次第、ホームページやマスコミを通じてお知らせしています。
 また、精神保健に関するわかりやすい解説冊子として統合失調症、うつ病、睡眠障害、子どもの発達障害、パニック障害、認知症等を個別に取り上げて「やさしいハンドブック」シリーズと題して発行しています。 さらに、ストレス軽減へのアドバイスをまとめてパンフレット「こころ元気ですか」、「こころを元気にする方法」、大切な人を失った方へのアドバイスをまとめた「大切な人を失うということ」を作成、配布しています。 いずれも当ホームページからダウンロード出来ます。

 公益社団法人埼玉県精神保健福祉協会は会員の皆様の会費を元に事業を運営しており、埼玉県内の精神保健福祉の発展のための事業を展開しております。
 趣旨に賛同していただける会員を募集しております。皆様のご入会をお待ちしております。



新着情報

ページトップ