ホーム お知らせ 協会について 協会事業のご案内 入会のご案内 協会会員・関係機関のご紹介
協会事業のご案内

調査・研究

埼玉県精神保健福祉協会では、平成13年度に埼玉県の委託を受け、ひきこもりの実態に関する調査をおこないました。

ひきこもり実態調査

調査目的
埼玉県内の精神科医療機関や相談機関を対象に、以下の3点を把握し、今後の対策案を検討するため資料とする。
  1. 「ひきこもり」に関する相談の実態を明らかにする
  2. 「ひきこもり」本人の状態像を把握する
  3. 「ひきこもり」の子どもを抱える親の状況を把握する
調査方法

調査方法
施設概要調査票と個別調査票を配布し、留め置き調査

調査対象機関 450施設

  1. 行政機関(保健所・精神保健福祉センター・小児医療センター・児童相談所・市町村保健センターなど)
  2. 医療機関(精神科病院・精神神経科診療所)
  3. 民間相談機関
  4. 大学の相談室

調査期間
平成13年6月1日〜8月31日の3ヶ月間

調査内容

施設概要調査
相談に訪れた実件数の把握及び相談機関のニーズ把握

個別調査
調査の協力が得られた相談者に聞き取り調査をおこなう

調査結果

施設概要調査の回答状況
調査対象機関450施設のうち、306施設から回答が得られ、回収率は68.0%であった。

個別調査の回答状況
調査期間内の調査対象者385件のうち、調査の実施に了承が得られ個別調査の集計対象となったものが127件(33.0%)であった。

調査報告書
平成14年2月「ひきこもり実態調査報告書」を作成(埼玉県健康福祉部より発行)
平成16年3月 ひきこもり実態調査をもとに、やさしいハンドブックシリーズ「ひきこもり」を発行。一部200円で販売中

ページトップ